2017年01月26日

まちのきこり人育成講座2017

里山が荒れています。
誰かが整備しなければ!
そんな時代の危惧に応えてみませんか?
森林整備作業について学びませんか?
時間を十分にとった講座となっています。
あなたもまちのきこり人となり、森に入りませんか?
希望者には、チェンソー技能講習修了証も発行!

定員:15名
導入編:3/19(日)「森林の風」のフィールドへようこそ!
参加費:1,000円(税別)

第1回:4/9日(日)きこり体験。
第2回:4/16(日)森を測る。
第3回:4/23(日)チェンソーに触れる。
第4回:5/14(日)チェンソーで伐る。@
第5回:5/21(日)チェンソーで伐る。A
第6回:5/28(日)チェンソーで伐る。B
参加費(全6回):15,000円(税別)

特別編:6/11(日)チェンソー安全・衛生講習
参加費:5,000円(税別)

※ 導入編は、参加自由となります。ご興味のある方は、ご家族とご一緒に参加下さい。
※ チェンソー講習修了証をご希望の方は、第7回の受講が必要です。

林業を目指す、森林整備を始めたい、森づくりを一から学びたい、成人の方のための講座です。
申込期限・・・3月17日(金)ですが、それ以前に定員になり次第募集を締め切ります。
集合場所は毎回「菰野町まなびの森(三重郡菰野町千草字東江野7045-82)」で時間は9:00〜15:00です。

申し込み・問い合わせ
森林施業 認定NPO法人 森林の風
〒512-0933 四日市市三滝台4-15-7
Tel 059-321-7719 Mail ktaki@m3.cty-net.ne.jp
携帯:090-6590-0011(上林)/ 080-5578-4231(佐野)
ホームページ http://www.morinokaze.info

◆詳細、チラシ、申込みはこちら
http://www.morinokaze.info/wp/wp-content/uploads/2017/01/a3f483924012ab0c9cd0318624af9e28.pdf

◆森林施行 認定NPO法人 森林の風(もりのかぜ)
ホームページ http://www.morinokaze.info


posted by 三重県環境学習情報センター at 11:52| Comment(0) | イベント情報

2017年01月19日

環境省・3R活動推進フォーラム・三重県主催「循環・3Rセミナー」

三重県では、持続可能な循環型社会をめざす取組を推進するため、環境省、3R活動推進フォーラム、三重県が主催する循環・3Rセミナーを開催します。
参加者のみなさまとの意見交換を行いながら、循環・3Rの今後の展望を探っていきますので、奮ってご参加ください。
循環・3Rセミナー チラシ_ページ_1.jpg

【日時】 平成29年2月21日(火) 13:00〜16:20
【場所】 三重県総合文化センター 男女共同参画棟 多目的ホール
     (三重県津市一身田上津部田1234番地)
【内容】
(13:00〜13:05) 主催者開会挨拶  
(13:05〜13:55)
 講演1『循環型社会の現状と展望』
 慶應義塾大学経済学部教授 細田衛士 氏
(13:55〜14:45)
 講演2『3Rの推進とリサイクル』
 環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室長 田中良典 氏
(14:55〜15:15)
 事例1『プラスチック容器包装リサイクルの現状と今後の動向』
プラスチック容器包装リサイクル推進協議会専務理事 久保直紀 氏
(15:15〜15:35)
 事例2『ケミカルリサイクルによるPETボトルの循環利用』
 味の素ゼネラルフーヅ株式会社包材開発部長 奥田知晴 氏
(15:35〜15:55)
 事例3『循環型社会の構築と地域連携』
 太平洋セメント株式会社藤原工場工場長 友近正憲 氏
(15:55〜16:15)
 事例4『三重県における循環・3R推進の取組』
 三重県環境生活部廃棄物対策局廃棄物・リサイクル課長 井村欣弘
(16:15〜16:20)
 主催者閉会挨拶

【参加費】 無料
【定員】  150名
【申込先】 3R活動推進フォーラムwebページ  http://3r-forum.jp/
【問合先】 3R活動推進フォーラム 電話03-6908-7311
【主催】  環境省、3R活動推進フォーラム、三重県

◇3R活動推進フォーラム ウェブサイト
http://3r-forum.jp/

循環・3Rセミナー チラシ(384KB).pdf

posted by 三重県環境学習情報センター at 11:06| Comment(0) | イベント情報

「ASEAN環境技術移転フォーラムin三重」を開催します!

三重県では、環境技術を生かした県内企業の海外展開と、ASEAN各国の環境改善及び持続可能な開発につなげていくため、ASEAN 3か国(インドネシア、タイ、ベトナム)の中央政府幹部を招聘し、下記のとおり「ASEAN環境技術移転フォーラムin三重」を開催します。
環境技術の海外展開に興味をお持ちの企業の皆様や支援機関の皆様のご参加をお待ちしています。

○日時 平成29年2月18日(土曜日)
    15時00分から17時00分まで(受付:14時30分から)
○場所 四日市都ホテル(四日市市安島1丁目3−38)4階 伊勢の間
○内容
ASEAN各国の環境課題と県内企業が有する高い環境技術について意見交換を行い、環境改善と持続可能な開発、県内企業の環境技術を生かした海外展開につなげるきっかけとします。
ASEANフォーラム_ページ_1.jpg

・主催者あいさつ(15時00分から15時05分まで)
 三重県知事 鈴木英敬
・プレゼンテーション(15時05分から15時40分まで)
 インドネシア、タイ、ベトナムの中央政府幹部、公益財団法人国際環境技術移転センター(ICETT)
・パネルディスカッション(15時50分から17時00分まで)
 テーマ:ASEAN各国の環境問題と三重県の環境技術
 コーディネーター:三重県知事 鈴木英敬
 パネリスト:インドネシア、タイ、ベトナムの中央政府幹部、
 中部経済産業局、独立行政法人国際協力機構(JICA)、県内中小企業、公益財団法人国際環境技術移転センター(ICETT)

○定員 100名
○参加費 無料
○お申込み方法
添付の参加申込書にご記入の上、事務局(公益財団法人国際環境技術移転センター)あてEメール又はFAX、ハガキによりお申込みください。先着順で受け付け、折り返しご連絡します。
 ※電話でのお申し込みは受け付けません。
○お申込期限 平成29年2月8日(水)
○お申込み・お問い合わせ先
【事務局】公益財団法人国際環境技術移転センター(ICETT)
「ASEAN環境技術移転フォーラムin三重」開催事務局
 電話  059−329−3500
 FAX 059−329−8115
 Eメール webmaster@icett.or.jp
 
○主催 三重県
○後援
駐日インドネシア共和国大使館、駐日タイ王国大使館、駐日ベトナム社会主義共和国大使館、国際機関日本アセアンセンター、国際連合地域開発センター(UNCRD)、経済産業省中部経済、産業局、独立行政法人国際協力機構(JICA)、四日市市、一般社団法人中部経済連合会、三重県商工会議所連合会、四日市商工会議所、三重県商工会連合会

◇詳細:三重県ホームページ
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0030100008.htm

ASEAN環境技術移転フォーラムin三重 チラシ(1.17MB).pdf

posted by 三重県環境学習情報センター at 10:10| Comment(0) | イベント情報

2017年01月05日

四日市公害から再生をとげた工場地帯へ自然を見に行こう! 「エコバスツアー」


エコバスツアー.jpg

開催日:2017年1月28日(土)
対象:子ども(小学生以上で保護者同伴)
場所:味の素バードサンクチュアリ
   鈴鹿川河口・磯津
参加費:無料
タイムスケジュール:
〇集合・解散場所
 四日市公害と環境未来館前(市立博物館横)
 9時出発・13時半解散 ※交通事情等の都合により前後する場合があります。
申込み方法:なたね通信da34227@gmail.com へ。
@参加者全員の氏名、年齢 ※座席が限られている為
A連絡先 ※申込をされた方に、集合場所や持ち物など詳しいことをお伝えします。
主催:四日市市、なたね通信

エコバスツアー チラシ(306KB).pdf

◆なたね通信ウェブサイト
http://ameblo.jp/yokkaichinatane/entry-12231370510.html
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:52| Comment(0) | イベント情報

冬にしか見られない カモや小鳥を見に行こう!

1月22日(日)に大和ハウス工業且O重工場さんで観察会を行います。
o0667088713820233162[1].jpg
開催日:2017年1月22日(日)※雨天の場合、中止。延期なし。
時間:10時00分〜12時30分
対象:15組限定(先着順)
   小学生以上 保護者同伴
   自然環境に興味のある方
参加費:無料
開催地:大和ハウス工業且O重工場 調整池とその周辺
持ち物:双眼鏡の貸出あり、飲み物、図鑑(あれば)
    工作道具は、主催者が準備します。
申込方法・問合せ先
なたね通信da34227@gmail.com もしくは、
なたね通信へお電話ください。080-1563-3032(サカキエダまで)
@参加者氏名、年齢 ※参加される方全員のお名前
A連絡先
※申込をされた方に、メールで集合場所や時間、持ち物についてお伝えします。

大和ハウスさんに、ご協力をいただき、このような企画ができるようになりました。
大和ハウス工業且O重工場では、敷地内の調整池に生息する希少な生物(ヌマガイ)や多くの在来種(魚類、昆虫、野鳥)の保全に努めています。近年は、生物多様性調査報告書を作成し公開する活動の他、自然観察会も開いています。

観察会の概要
野鳥観察と巣箱づくりがセットになった企画ですexclamation
観察会で野鳥に興味を持ったら次は、身近な鳥を観察してみましょう。
参加の方は、なたね通信までご連絡下さいるんるん

主催:なたね通信  共催:三重県、大和ハウス工業且O重工場

カモや小鳥を見に行こう! チラシ(164KB).pdf

◆なたね通信ウェブサイト
http://ameblo.jp/yokkaichinatane/entry-12231370510.html

posted by 三重県環境学習情報センター at 17:34| Comment(0) | イベント情報