2018年01月13日

三重県地球温暖化防止活動推進員を募集します

 三重県では、地球温暖化問題に対する県民のみなさんの理解を深め、省エネ・節電やエコドライブ等、家庭からの温室効果ガス排出削減の取組について普及啓発を行う「三重県地球温暖化防止活動推進員(以下、「推進員」という。)」を募集します。
 応募資格や活動内容等については、次のとおりです。みなさまからのご応募をお待ちしています。

募集チラシ.jpg

1 応募資格
平成30年4月1日時点で満年齢18歳以上で、県内に在住の地球温暖化防止活動に熱意をお持ちの方

2 任期
平成30年4月1日から3年間

3 推進員の活動等
推進員には、三重県地球温暖化防止活動推進センターを拠点として次の活動等を行っていただきます。
(1)学校や公民館等における出前講座等の実施
(2)イベント等における啓発活動
(3)三重県、市町及び三重県地球温暖化防止活動推進センターが行う啓発事業への協力
(4)三重県地球温暖化防止活動推進センターが行う推進員研修の受講
(5)日頃の活動によって得られた情報の提供
(6)(1)及び(2)の活動に係る報告書(活動報告書)の提出

4 身分
推進員にはボランティアとして活動を行っていただきます。地方公務員法第3条第3項に規定する特別職の身分を有する者ではありません。

5 募集期間
平成30年1月12日(金)から平成30年2月8日(木)まで

6 応募方法
別紙応募用紙に必要事項をご記入いただき、三重県地球温暖化防止活動推進センターへ直接ご持参いただくか、郵送により提出してください。(締切日消印有効)
【提出先】
〒510-0304
三重県津市河芸町上野3258番地(三重県環境保全事業団内)
三重県地球温暖化防止活動推進センター
電話:059−245−7517
持参による提出は、平日9時から17時まで受付

7 問合せ先
〒514-8570 三重県津市広明町13番地
三重県環境生活部 地球温暖化対策課 環境評価・活動班
電話:059−224−2366

8 その他
詳細は「募集要項」をご覧ください。

「募集要項」、「応募用紙」、「推進員設置運営要綱」はこちらをご覧ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0012300097.htm
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:08| Comment(0) | お知らせ

2017年11月20日

森林・林業講演会「岩手から学ぶ、2つの取組」を開催します

 県と一般社団法人三重県森林協会では、森林・林業等における課題解決を図り、今後の事業展開への参考とすることを目的に、岩手県内における先進的な取組について学ぶ講演会を開催します。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

tirasi.jpg


1 日時 平成29年11月27日(月) 13時30分から16時30分
2 場所 三重県勤労者福祉会館 6階 講堂(津市栄町1丁目891)
3 主催 三重県・一般社団法人三重県森林協会
4 定員 100名(入場無料)
5 講演内容
(1)「『森林・林業日本一の町』を目指して(仮題)」
講師:前岩手県気仙郡住田町町長・岩手県クッブ協会会長 多田 欣一(きんいち) 氏
概要:
 岩手県南部の気仙地方に位置する人口およそ5,700人の住田町は、特産である「気仙スギ」の産地でもあり、素材生産業や木材加工業が発達し「森林・林業日本一の町」を標榜しています。
 森林・林業日本一の町で取り組まれた、木造仮設住宅の建設や町産材をふんだんに活用した庁舎建設の実績などについてお話しいただきます。

(2)「漆フォレスターが語る、国産漆の現状と課題(仮題)」
講師:株式会社小西美術工藝社二戸支社 支社長兼漆生産部漆フォレスター
福田 達胤(たつたね) 氏
概要:
 特用林産物でもある国産漆の生産は、岩手県二戸市浄法寺地区のほか、全国でも限られた地域のみでしか行われておらず、国内で利用される漆のほとんどを輸入品に頼っているのが現状です。
 文化財の修復には国産漆の使用が求められる中、小西美術工藝社(代表取締役社長 アトキンソン・デービッド・マーク氏)では、自社で漆の生産を行うことを目標に、生産から「掻き子」と呼ばれる人材育成まで手掛ける、日本でただ一人の「漆フォレスター」に、漆生産の現状や課題、今後の展望についてお話しいただきます。

6 お申込み・お問合せ
 お電話、FAX、電子メールにて、「ご所属、お名前、ご連絡先電話番号、参加人数」を下記までご連絡ください。また、当日のご参加も受付いたします。

一般社団法人 三重県森林協会 (前川・向田)
〒514-0003 津市桜橋1丁目104番地 三重県林業会館内
Tel 059-228-0924  Fax 059-228-3220
電子メール mifa@ztv.ne.jp

◇詳細はこちら
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0026100058.htm
◇講演会チラシ
講演会チラシ(256KB).pdf
posted by 三重県環境学習情報センター at 10:32| Comment(0) | お知らせ

2017年04月26日

大安中学校テクニカルボランティア部 「間伐材製品販売会のお知らせ」

日時:平成29年4月29日(土)・30日(日)AM 9:00〜12:00
場所:いなべ市立大安中学校 旧校舎技術棟
  (三重県いなべ市大安町石槫東2977 TEL 0594-78-0185)
≪大安中駐車場の一番奥(南東端)の建物で前に木材が置いてある部屋「テクボラ」という看板あり≫
◆詳細 間伐材製品販売会のお知らせ(107KB).pdf

大安中学校テクニカルボランティア部では、いなべ市の間伐材を中学生がチェンソーや電動工具を使って加工して、ベンチやテーブルなどの製品を作っています。デザインはありふれたもので、重たいですが、頑丈で雨が直接あたらない場所で使えば20年以上の耐久性があります。
発展途上国で安全な水が得られない村の中には、子どもたちが遠くまで水をくみに行く仕事にかり出されて学校にも行けないという実態があります。この子たちは、「文字も書けず、計算もできない・・」ということを知らされました。販売収益は、このような村に井戸を建設してもらうための資金(井戸1基15万円〜30万円)として寄付しています。
平成15年にはじまったこの活動は、これまで5か国(カンボジア2基、ネパール3基、バングラデシュ2基、スリランカ1基、フィリピン1基)、合計9基の井戸を建設しています。
皆様の中で間伐材製品に興味がある方はご協力お願いします。また、自分は興味がなくても興味がある方へのお声掛けをお願いできたら幸いです。冷やかしでも大歓迎です。

今回の出品作品
材木:ヒノキ、スギ、ヤマザクラ、ケヤキ、クリ、タブなど
図1.png 図2.png
図4.png 図3.png
posted by 三重県環境学習情報センター at 17:21| Comment(0) | お知らせ

2016年03月22日

環境学習会「ウミガメ言語を理解する」開催のお知らせ

 愛知県渥美半島の太平洋側、伊良湖岬から浜名湖までの海岸を表浜海岸といいます。
 この海岸では、毎年たくさんのアカウミガメが上陸し産卵しています。しかし、汀線には消波ブロックが置かれているため産卵できないことや、産卵しても海に帰ることができないことがあります。
 その表浜海岸でのウミガメ保全活動等をお話いただきます。

日時:2016年4月23日(土)14:00〜16:00
場所:アスト津3階
   みえ市民活動ボランティアセンター イベント情報コーナー
   電話:059-222-5995
講師:NPO法人 表浜ネットワーク 代表 田中雄二さん
内容:表浜海岸における生態系を含めた環境保全活動とその環境を未来に残すための取り組みについてお話いただきます。
参加費:無料

講師プロフィール:表浜ネットワークの代表。2006年に前任の加藤代表から引き継ぎNPO法人にした。
表浜の自然環境のみならず歴史や文化、産業、暮らし等も含めて地域社会そのものを良い形で未来に残そうとする取り組みである表浜まるごと博物館を創設した。

主催:ウミガメネットワーク 会長 米川弥寿代 電話:090-5600-0221
メール:umigamenet@live.jp
ホームページ:http://umigamenet.jimdo.com/
問い合わせ・申し込みは、上記までお願いします。
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:25| Comment(0) | お知らせ

三重県が「自然環境保全指導員」を募集中

 三重県みどり共生推進課が「三重県自然環境保全指導員」を57人募集しています。
   2004年2月11日市場溜12.JPG
 三重県自然環境保全指導員の主な活動は
◇県自然環境保全地域、その他野生生物の重要生息地等における自然環境の保全状況に関する情報収集
◇自然公園等の自然とのふれあいの場所において、適正な利用を促進するとともに、自然保護に反する行為を行わないよう指導助言する
◇自然環境保全地域における保全施設及び自然公園における利用施設の安全確認のための巡視
◇その他自然環境の保全に関する情報収集、指導助言等を行う
◇受け持ち区域内を毎月1回以上巡視し業務状況報告等を行う
です。
★詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2016030106.htm
★希望される方は
応募用紙1 (三重県自然環境保全指導員の応募書)
応募用紙2 (どのような活動をしたいか、応募の動機を含め、あなたの考え方について400字程度以内で、簡潔に記述)
を、平成28年4月15日(金)までに、県みどり共生推進課へ郵送または直接持ち込んでください。
※郵送の場合も必着
※FAX、電子メールでの応募はできません。
★選考
第1次審査 書類審査
第2次審査 面接 (第1次審査合格者のみ)
★お問い合わせ・応募先
三重県 農林水産部 みどり共生推進課 野生生物班
〒514-8570 津市広明13(三重県庁6階)
電話 059-224-2578

   DSCN0191 - コピー.JPG

※写真はイメージです
【環境学習推進員 木村】
posted by 三重県環境学習情報センター at 13:01| Comment(0) | お知らせ