2016年11月08日

森のせんせいスキルアップ講座「LEAFローカルインストラクター編」を開催します

森のせんせいや森林環境教育に携わっている方を対象に、子どもたちの森林環境意識の向上を図る教育方法を学んでいただくための「LEAFローカルインストラクター研修」を開催します。
研修では、FEE Japan が行うLEAF森林環境教育プログラムに沿った講義・実習を行います。これからの森林環境教育に向けて、知識・技術の向上を目指している方はぜひご参加ください。
LEAFローカルインストラクタ編 チラシ(385KB)_ページ_1.jpg

1 開催日時および会場
開催日時:平成28年11月26日(土)13時から17時
     平成28年11月27日(日)9時から16時30分 の2日間
開催場所:語らいの里「噺野」hanashino (度会郡大紀町滝原 tel:0598-86-3061)
     大紀町内の森林(吉田本家山林部)
 ※開催の10分前にご入場ください。

2 研修の内容
1日目(11月26日)
(1)FEE及びLEAFのプレゼンテーション
(2)LEAFを広める意義について
(3)インストラクターによる実践
2日目(11月27日)
(1)受講者によるLEAFの実践
(2)質疑応答、まとめ
※実践と筆記を行い、LEAFローカルインストラクターとして活動が可能とFEEJapanから認められた場合は、認定されます。
※受講修了者に対して、森林環境教育活動の実施状況に関するアンケート調査や、活動状況についてお問い合わせをする場合がありますので、ご協力をお願いします。

3 服装と持ち物
・実践を行いますので、森林内での活動ができる服装でお越しください。
・各自弁当・飲み物をご持参ください。

4 対象者及び定員
すでに活動フィールドをお持ちの18歳以上の方であって、次の条件に該当される方
・森のせんせい
・林業に携わっている方
・森林環境教育や木育への関心がある教育関連の方
・子どもに関する事業に携わっている方
・森、野外活動に携わっている方
 定員10名

5 参加費
無料
ただし、宿泊を希望される方は、語らいの里「噺野」を利用できますが、宿泊料は自己負担となります。

6 申込方法
下方の開催案内チラシ(PDFファイル)にあります申込用紙に必要事項をご記入のうえ、
電子メールまたはFAXにてお申込みください。
( miemori_oubo@zc.ztv.ne.jp  FAX:059-261-4153 )

7 申込締切
平成28年11月18日(金)17時必着
申込者多数の場合は抽選により受講者を決定し、参加の可否について11月21日(月)までに電子メールまたは電話で申込者全員にお知らせします。

8 その他
・業務目的として、または今後業務として使用することを目的とした受講はご遠慮ください。
・以下の場合、開催を中止します。
1 県内に震度5強以上の地震が発生した場合
2 三重県沿岸に大津波警報が発表された場合
3 その他、県内に甚大な被害が発生した場合
4 特別警報が県内に発表されている時
5 津波警報、暴風警報、大雨警報、洪水警報、 高潮警報が県内に発表され、受講者及び関係者への影響が大きいと判断される時
6 震度5弱以下の地震が県内に発生し、受講者及び関係者への影響が大きいと判断される時

LEAFローカルインストラクタ編 チラシ(385KB).pdf

◆内容等の詳細についてはこちら
みえ森づくりサポート「森のせんせいスキルアップ講座」
http://www.zc.ztv.ne.jp/miemori/skill.html

posted by 三重県環境学習情報センター at 15:24| Comment(0) | イベント情報

2016年11月07日

森づくり活動スキルアップ講座「パッチディフェンスを活用した獣害対策」を開催します

 森づくり活動団体や森林ボランティアの方を対象に、地域の森づくり活動を促進するための「パッチディフェンスを活用した獣害対策研修」を開催します。
 研修では、県内各地で多発する野生鳥獣による被害を踏まえ、特に二ホンジカによる樹木被害に対する防護柵(パッチディフェンス)の設置実習も行います。
 これからの森づくり活動に向けて、知識・技能の向上を目指している方はぜひご参加ください。
パッチディフェンスを活用した獣害対策研修チラシ(835KB)_ページ_1.jpg

1 開催日時および会場
開催日時:平成28年11月20日(日)10時から15時
開催場所:三重県民の森(三重郡菰野町千草7181-3 tel:059-394-2350)
※開催の10分前にご集合ください。

2 研修の内容
(1)座学 〜パッチディフェンス〜で森林を守ろう
(2)実習 パッチディフェンスの設置
 ※受講修了者に対して、森づくり活動の実施状況に関するアンケート調査や、活動状況についてお問い合わせをする場合がありますので、ご協力をお願いします。

3 服装と持ち物
・実習を行いますので、森林内での活動ができる服装でお越しください。
・各自弁当・飲み物をご持参ください。

4 対象者及び定員
三重県内の森づくり活動に参加可能な18歳以上の方であって、次に該当される方
・森づくり活動に携わっている方
・森づくり活動を始めたい方
・森林整備に関心のある方
・企業の森でご活躍の方
定員20名

5 参加費
無料
  
6 申込方法
下方の開催案内チラシ(PDFファイル)にあります申込用紙に必要事項をご記入のうえ、電子メールまたはFAXにてお申込みください。
( miemori_oubo@zc.ztv.ne.jp  FAX:059-261-4153 )

7 申込締切
平成28年11月11日(金)17時必着
申込者多数の場合は抽選により受講者を決定し、参加の可否について11月14日(月)までに電子メールまたは電話で申込者全員にお知らせします。

8 その他
 ・業務目的として、または今後業務として使用することを目的とした受講はご遠慮ください。
 ・以下の場合、開催を中止します。
1 県内に震度5強以上の地震が発生した場合
2 三重県沿岸に大津波警報が発表された場合
3 その他、県内に甚大な被害が発生した場合
4 特別警報が県内に発表されている時
5 津波警報、暴風警報、大雨警報、洪水警報、 高潮警報が県内に発表され、受講者及び関係者への影響が大きいと判断される時
6 震度5弱以下の地震が県内に発生し、受講者及び関係者への影響が大きいと判断される時

パッチディフェンスを活用した獣害対策研修チラシ(835KB).pdf

◆内容等の詳細についてはこちら
みえ森づくりサポート「森のせんせいスキルアップ講座」
http://www.zc.ztv.ne.jp/miemori/sinntyaku1.html

posted by 三重県環境学習情報センター at 16:39| Comment(0) | イベント情報

2016年11月04日

「ぐるっとめぐって伊勢志摩国立公園」を実施します

 勢志摩国立公園70周年実行委員会では、本年11月20日に伊勢志摩地域が国立公園指定70周年を迎えることから、自然環境への取組を一層推進し、国内外の人びとを呼び込み、次世代につなげる取組を進めています。
 この取組の一環として、「伊勢志摩国立公園70周年記念・ぐるっとめぐって伊勢志摩国立公園」を以下のとおり実施します。

ぐるっとめぐって伊勢志摩国立公園_ページ_1.jpg

1.日時
  平成28年11月1日(火)から30日(水)

2.場所
  伊勢市、鳥羽市、志摩市、南伊勢町

3.内容
  地域内の対象施設を回る、WAONカードを使用したスタンプラリーを開催し、参加者には記念品のプ
 レゼントやお楽しみ抽選会に参加していただきます。

4.問い合わせ先
 伊勢志摩国立公園70周年事業実行委員会事務局(伊勢志摩国立公園協会内) 滋野
  電話:0599−25−2358  FAX:0599−25−2358
 伊勢志摩観光コンベンション機構 東浦、村井 
  電話:0596−44−0800

5.その他
「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」  
 11月20日から22日の3日間、志摩市阿児アリーナにおいて、記念式典及び全国エコツーリズム大会を開催します。初日は基調講演とパネルディスカッションを行い、2日目は伊勢志摩満喫ツアーエクスカーション)を用意し、伊勢志摩ならでは魅力を発信していきますので、ぜひご応募ください。
詳細は近畿日本ツーリストホームページ(http://www.knt.co.jp/ec/2016/ecotourism/ )をご確認ください。

◆ぐるっとめぐって伊勢志摩国立公園
チラシ(695KB).pdf

posted by 三重県環境学習情報センター at 11:10| Comment(0) | イベント情報

「伊勢志摩満喫フェア」を開催します

 伊勢志摩国立公園70周年実行委員会では、本年11月20日に伊勢志摩地域が国立公園指定70周年を迎えることから、自然環境への取組を一層推進し、国内外の人びとを呼び込み、次世代につなげる取組を進めています。
 この取組の一環として、11月20日に開催される「伊勢志摩国立公園70周年記念式典」および「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」と合わせ、この地域の魅力を体験できるイベント「伊勢志摩満喫フェア」を以下のとおり開催します。
伊勢志摩満喫フェア_ページ_1.png

1.日時
  平成28年11月20日(日) 11時から16時

2.場所
  阿児アリーナ(志摩市阿児町神明1074−14)
  イオン阿児店(志摩市阿児町鵜方3215)

3.内容
会場には30のブースを設置します。主な内容は以下のとおりです。
 ・伊勢志摩国立公園内の3市1町の特産品の販売
 ・真珠の取出しや木工、グラスアートなど地元工芸作家とともに学ぶ体験
 ・三重の木で作った遊具「くむんだーinMIE」や「もりぼーる」の体験コーナー
 ・地元高校や研究所の取組、地域の自然、県内外のエコツーリズムの紹介
 ・環境にやさしい自動車や伊勢志摩サミット、お伊勢さん菓子博2017の紹介コーナー
 合わせて、11月に開催の豪華賞品が抽選で当たるラリーイベント「ぐるっとめぐって伊勢志摩国立公園」のタッチポイントを、当日限定で会場に2か所設置します。
 また、当日は鵜方駅から阿児アリーナまでシャトルバスを運行します。

4.問い合わせ先
伊勢志摩国立公園70周年事業実行委員会事務局(伊勢志摩国立公園協会内) 滋野
 電話:0599−25−2358  FAX:0599−25−2358
伊勢志摩観光コンベンション機構 東浦、村井 
 電話:0596−44−0800

5.その他
「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」
11月20日から22日の3日間、志摩市阿児アリーナにおいて、記念式典及び全国エコツーリズム大会を開催します。初日は基調講演とパネルディスカッションを行い、2日目は伊勢志摩満喫ツアー(エクスカーション)を用意し、伊勢志摩ならでは魅力を発信していきますので、ぜひご応募ください。詳細は近畿日本ツーリストホームページ(http://www.knt.co.jp/ec/2016/ecotourism/)をご確認ください。 

◆伊勢志摩満喫フェア チラシ
 チラシ(1.09MB).pdf


posted by 三重県環境学習情報センター at 10:55| Comment(0) | イベント情報

2016年10月27日

公開セミナー「環境コミュニケーションによる地域づくり〜自主簡易アセスとは?〜」

地域の発展に必要な開発はどのように進めたらよいでしょうか?
環境影響評価はどのように行われているでしょうか。
国や自治体の環境影響評価(アセス)制度の対象とならない中小規模の開発事業においても、自ら評価できるように、自主簡易アセスメントの手法や事例、支援ツールをご紹介し、地域で実践する仲間を広げます。ふるってご参加ください。

自主簡易アセスとは、国や自治体の制度には規定されていない環境アセスの手続きを、事業者の説明責任として実施するものです。主催者のNPO地域づくり工房では、地元事業者との協働により、自主簡易アセスの事例を開拓し、広める活動を行っています。

日 時 2016年11月21日(月) 午後2時〜4時
場 所 錦パークビル 会議室(〒460-0003 名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル11階)
参加費 無料
対象者
 *地域に根ざして活動する環境NPO・NGO、環境系コンサルタント企業
 *地方自治体の環境対策またはまちづくり等の担当者
 *環境政策に関する研究者・学生、関心のある企業・個人
●プログラム
@話題提供(60分)
「自主簡易アセスの実践と支援ツールの開発」
 講師:傘木宏夫
 (NPO地域づくり工房代表理事、環境アセスメント学会常務理事)
A意見交換(60分)

お問合せ先:NPO地域づくり工房 E-Mail:npo@omachi.org  Fax:0261-22-7601
タイトルを「名古屋セミナー参加」とし、本文にお名前と参加人数をご記入の上、上のE-MailまたはFaxにてお申し込みください。
主催 NPO地域づくり工房
http://assessment.forum8.co.jp/assessment/php/home.php
協力 中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)/株式会社フォーラムエイト
後援 中部地方環境事務所(依頼中)、環境アセスメント学会、(一社)日本環境アセスメント協会、(一財)最先端表現技術利用推進協会
助成 独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」

チラシ(537KB).pdf

posted by 三重県環境学習情報センター at 13:11| Comment(0) | イベント情報